Entre Nous

2週間ほど前にちょっと野暮用で出かけたついでに(ついでにと言うとなんですが)お家の近くだし会いましょうよ!ってなわけでNさんとランチ&懲りずにおしゃべり会を。しかし、結局Nさんのお家の近くから移動しちゃったので本末転倒と言えばそうなんですが(汗)向かった先はGare du Midi方面。
このGare du Midiの付近はワタクシがブリュッセルに引っ越した当時はまあ場末感満点の移民しかいない&怪しい人が一杯(今でもそうだけど)で電車乗る以外は何の目的もないエリアでありました。が、数年前に駅を大々的に改装してからはその移民のゲットーだった建物を取り壊して近代的なビルが立ち並ぶようになってからは以前ほど危ない感じはしなくなったような。少なくとも駅正面のほうはましになった印象ですね。そうなると、旅行者や新しい住人(主にBoboね)や近辺のビルのサラリーマン&OLを狙ったお店が多少出来ているらしい。そんな中の一つ、Entre NousというBioのカフェレストランへ行って来ました。ココは今年1月にopenしたばかりで場所はGare du Midiの正面入り口を出たら徒歩数分のところにあり、旅行者でもふらりと立ち寄れる立地の良さ


外観もシンプルだけど店内も大テーブルが一つに窓際のカウンターというシンプルさ。
メニューは黒板に


単品でもビュッフェでもOKだそうで、ワタクシたちは11ユーロのビュッフェで。
オーナーの女性Saraはイタリア人だそうでパートナーと思われるキッチンの男性と2人で忙しそうにしておりました。イタリア人だけにメニューもイタリアンがメイン。
ビュッフェのカウンターで物色・・・


なかなか美味しそうではないの。
キッチン前のカウンターにはサンドイッチも並んどります


これはチアバッタのサンドね。
お持ち帰りも出来るとあってひっきりなしにお客さんが入っておりました。接客をオーナーのSaraが一人でやってるとあって大変そうでしたねえ。せめてお手伝いがもう一人くらいいるとラクなんだろうがまだ始めたばっかりで手が回らないんだろうな〜。
ここんちは商品の販売もしとります


Bioのお店で馴染みのあるものやそうでないものも。
さてまずは1回目のプレート


ココのビュッフェはベジなのでワタクシ的には非常にツボでしたが、どれも野菜の旨みがじんわりと美味しかったです。フォカッチャが具が結構乗っかっててボリュームがあってお腹膨れます。フリッタータ(真ん中の四角いの)も卵焼きっぽくて素朴なお味で◎。
ここの食材はブリュッセルから数キロ圏内の物を中心にしているそうで、例えばビールもブリュッセルのブリュワリーのものをチョイスしておりますね。ワタクシはビールが苦手なのでカラフのお水でしたが(これもボトルで1.50ユーロと激安)NさんはブリュッセルブランドのBrasserie de la Senneのブロンドをチョイス。
美味しい美味しいと2回目


1回目とさほど変わんないんですが(笑)いかんせん種類に限りがあるのでね。見てるとチンゲンサイかなんかのグラタンが人気で2回目に行ったときには既に2皿目が出ておりました。クリームたっぷりでマイルドな感じ。
ワタクシたちがいる間にもどんどんお客さんが入ってきてこんな具合


老いも若きもやって来るというね。
こんだけ流行ってたらきっと長続きしそうですな。コンセプトが良さ気なので頑張って欲しいお店です。

Entre Nous
29, Rue de Mérode 1060 Bruxelles
tel: 0484 21 66 95

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook4Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。