Meertのガレットを食す

David Bowie死すのニュースから立ち直りまして、日曜日のMeertのガレット・デ・ロワの試食のお話を。
生ものではないので少々火を入れればOKであろうと王冠も一緒にPaulの伯母さん宅へとでかけたワタクシたち。Paulの伯母さんは88歳で一人暮らし。それでもいつもシャンとしてていつも感心してしまう。我が両親がどんどん怪しい雰囲気になるにつけPaulの両親やこの伯母さんを見ると老いの速度というのは本当に人それぞれなんだな〜と思ってしまうのである。
さて、伯母さん宅に到着し、早速ガレットを準備。
こういう風にペーパーバッグに入っております

IMG_6470
金色のロゴが高級感ありますね。
結局オーブンで軽く焼くことにしたんだけど、やっぱり冷蔵庫にまる3日も入れておけば表面が少々ふんにゃりするんですね。なのでカリッと行くまでに少々時間がかかってしまった。待っている間に王冠を準備

IMG_6472
王冠が2つ。
これは恐らく王様がお妃様を、またはその逆で選ぶということで双方の王冠があるということでしょうか。気配り上手ですね〜。普通は王冠は一つしか入ってないことが多いんですが。
この写真を撮る少し前にガレットの具合を見たらまだもう少しというところだったので、写真撮影後にもうそろそろ良かろうとオーブンを覗いてみたら

IMG_6474
焦げちまったよ・・・(号泣)
ほんの数秒の事だったんですけども!もしかしたら数十秒だったかもしれませんが!
やっちまいましたよ(泣)。ゴメンナサイ、Masamiさん、こんな哀れな姿にしてしまいました・・・。
本当はこういう感じなんです

galette_pommes
(写真はサイトから拝借しました)
いやはやこんな風に焦げるとは夢にも思わず、オーブンに入れる前に写真を撮っておけば良かったと後悔しきりなのであった。それはもう見事に焦げたのでもう何も言えないんですが、気を取り直して4つに切り、Seanにどの部分がいいか聞くと、一番小さいのって。まあ、気持ちは分かるわ(笑)。でもね、一番小さそうなのが一番焦げてるっていうね。仕方ないので上っ面を剥がしてあげました。
ワタクシのはコレ

IMG_6478
あら?
このガレットはGalette aux Pommsという名前が付いておりまして、お話しによれば通常のガレット・デ・ロワにリンゴが入っているということだったんですが、どうやらこれはほんまモンのアップルタルトみたいです。っていうか実際そうだったんですが、でも、これはこれで美味しかったですよ。きっとカロリーもアーモンドクリームより低そうだし。でも若干拍子抜けしたのは否めないというか・・・。今度はやっぱり普通のガレットにしようと思いましたです。
で、お目当てのフェーヴはSeanではなくPaulに。そういえば前に伯母さん宅でガレットを頂いた時もPaulがフェーヴを当てたんだよな〜。ここんちに来るとPaulに当たるらしい(笑)。
Meertのフェーヴは大人なんです

IMG_6480
シルバーのエンジェル。
裏もチェック

IMG_6482
2016と年号入り。
しかも、このエンジェルがMeertのロゴの入ったゴーフルを抱えているという芸の細かさ。どうやら5種類ほどあるみたいですね。フェーヴだけでも購入できて、その場合は5種類全部ゲットできます。
さて、このアップルパイ(笑)とっても美味しかったです。大人3人は焦げたのをそのまま食べたんですが、全然焦げ臭さがなくて普通にいただけましたよ。
改めてサイトを見るとGalette Frangipane Abricotというのがあって、これはオーダーしないといけなかったんですが、どうやらこれがアーモンドクリームにアプリコットがプラスされているというガレットなんですね、きっと。ふむふむ。
実は、土曜日にMibさんと電話でおしゃべりしてたら去年の宣言通り彼女はきっちり6日にMeertにガレットを買いに出かけたそうで、彼女は普通のガレットをお買い上げだったそうです。ううむやるな、おヌシ。

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。