Meert Paris (Marais)

フランスは北の町Lille。ここはベルギーに近いので同じような食べ物が見られますが、お菓子も然り。
そんなベルギーのすぐお隣に位置するLilleの老舗MeertのMaraisのお店に行ってみました。


う〜ん、やっぱりMaraisっぽいわ〜と言う感じの外観。
お店の中に入ってみれば、これはもうベルエポック。


Y氏が見たらよだれをたらしそうなランプがさくっとあちこちにかかっていたり。


チョコレート系のお菓子が並ぶショーケース。
やけに愛想のよいお兄ちゃんに写真撮ってもぜ〜んぜんOK!と言われて写真撮りまくり!
そんな風に写真撮りまくって、さてでは肝心のお土産を・・・とカウンターを見てみれば。
な・ん・と、棚がカラッカラだったのであった!ちなみにここを訪れたのは火曜日。あまりの商品のなさにショックを受けてる日本人女子を前に気の毒に思ったのか、お兄ちゃんが説明してくれたところによれば、商品は毎週1回水曜日に配達があるそうで、火曜日(月曜定休)になると土日にばんばか売れてしまってほとんど残りがないという話。ま〜、よくそんな悠長なことやってるわね〜と妙に感心しました。じゃぁ、っていうことで残っていたもの全て私たち4人でほぼ買占め。その間にも男性(日本人らしき男性も)2名がばら売りで1枚ずつ購入して、これにてゴーフル売り切れ。って、キミたちもう開店休業じゃないの?どう考えたってゴーフル以外のものを買いに来る人ってそうそういないでしょ?(笑)
さて、そのゴーフル、私が買ったのは定番のバニラ。6枚で15.00ユーロもするのであった。(1枚2.50ユーロ)クリームが入っているのでずっしりとくるこの重さ。ベルギーのゴーフルと比べしっとりしてます(もしや湿気っているんじゃ?と思ってしまいそうなしっとりさ加減だったりする)。
実はその後行った夜のレストランで床にどしゃっと落としたときはボロボロになっちゃったな〜とガッカリしたものでしたがさすがしっとりしてるだけあって、おっとどっこいちゃんと無傷でした。それはやっぱりクリームのせい、と思っておこう(決して湿気っているわけでは・笑)。
これがそのゴーフル。ちゃんと完品です。


しっとり感が伝わってくるような・・・。
いや、美味しかったですよ、甘くて(涙目)。なんかこう、懐かしい甘みとでも言おうか。風月堂のゴーフルを思い出しました。ちょっとざりざり来るクリームの感じも結構好きかも。でも甘い(笑)。このしっとり感とずっしり感はもはやデザート代わりですね。

私的にはベルギーのゴーフル(リエージュの方)の方が好きかもしれない・・・いや、もしかしたら作り立てだったらもうすこしさくっと感があったのかも・・・。何しろデリバリー前の最終日の、しかも最後の残りもの数個、仕方ないと言えば仕方ないか。次はリベンジでLilleの本店で出来立てのをゲットしてみたい気分。

Meert Paris (Marais)
16, rue Elzévir 75003 Paris
tel: +33 (0)1 49 96 56 90

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。