幻の白川郷(泣)と点滴1.5リットル(号泣)

あ、暑い・・・なんか今年は冷夏って聞いたんですけどあれってガセですかね・・・。
去年と比べると格段に暑いみたいです、ジャパ〜ン。そういうワタクシ実は夏生まれ(広島原爆記念日)なんですが、暑さにはめっぽう弱いのであった・・・。
そんなクソ暑い昨日、予てから行きたかった白川郷へ家族揃って出かけることとなりまして。実は前の晩父が機嫌を大いに損ねて行くの取りやめになるのかと思いきや朝起きてみればなにやら道路マップをガン見しているのでおや気が変わったか、となんとなく行くらしいモードに。朝食終わってどうするんだろうかと父の動向を見守っていたところ、やれ道を見失っただのどのページに移るのやらワカランだのとブツブツいまにも癇癪を起こしそうな勢いなので、これはこのままではまたしても行くの止めだぁぁぁ〜となる前に助け舟を、とGooglemapでさくっと検索して提案をさせていただきまして、じゃ、行くか、と腰を上げたのが10時過ぎたあたり。家を車で出たところの曲がり角でおっと折角メモったGooglemapを家に忘れてきたことに気づいたワタクシ、ぐるっと一周りして家に戻りメモを手に車に戻りいざ出発。この時点でなんとな〜くいや〜な気分がモヤモヤとしていたんだけど、そこは白川郷♪ユネスコ世界遺産♪と気分を鼓舞して父の運転に任せていたら、あれ?ちょっと〜行き先ちがうんじゃ?Googleとは全く反対方向に行くので父に聞けば「東北自動車道なんて通らん、オレは国道で郡上八幡から高山経由で行くんだ!」って・・・。あのさ〜東北自動車道通って行けばさ〜直線で2時間弱で着くんだけどね〜。国道行ったりした日にゃ何時間かかるやら(汗)。しかしハンドル握ってるのは父でして御機嫌損ねられると取り止めになりかねない勢いなので仕方なく黙って同乗するはめに。ま、昭和一桁の典型的な頑固親父ですので言うこと聞いとかないと大いに損するわけですわ。
さて、ガソリン満タンにして関方面から郡上方面へと向かっていた頃、ワタクシなんだ〜か胃のあたりがムカムカしてきましてね。チクショウ、こんな時に車酔いかよ〜(怒)といやな気分に。そうか、やっぱりあの出掛けのぐるっとひと回りでやられたな。実はウチの父、歳とともに運転がめっぽう荒くなりましてブレーキ掛けるのとリリースするのがそりゃもうガックンガックンと来るんですの。で、けさもほんの数メートルでやられちゃったわけですね。ワタクシ、一度車酔いになるとそりゃもう大変なことになるのでいつもPaulには(Paulもブレーキガックンなのでいつも厳しく注意しておりますがなかなか直さない・怒)ワタクシが病気になるのが嫌だったら気をつけいと散々注意しております。
さて、郡上に差し掛かったところで今度はお腹が刺すように痛くなりだしたワタクシ、おおこれは典型的な車酔いに違いない。この行く先に待っているのはめくるめく下痢ピーとゲロゲロの波状攻撃だ!てなわけで父に「お父さん、そこの道の駅で駐めてくれる?」とお願い。もうもうと暑い中おトイレに直行、取り急ぎピーピーゲロゲロと用を済ませた後、これで多少はましになったかと再出発。またしばらくして郡上八幡にやって来たらきいいい〜とお腹を差し込みがぁぁっっ!「お、お父さん、あそこのサークルKで駐めてっっ」。今度はかなり本格的に具合悪くなり涙がちょちょぎれましたわ。し、白川郷、ま、待って・・・・。
このサークルKで2度ほどおトイレにお世話になり、既に12時回っていたので他の3人はいつの間に購入したのかパンをむしゃむしゃと。な、なによ〜ワタクシがこんなに苦しんでるのに呑気にランチしてんのかよ〜(泣)。少し落ち着いたところでまた出発。一体いつ白川郷に到着できるんだろうか、などと心配しているところでまたしても吐き気が・・・。今度は郡上八幡の役所前の路肩で停車してもらいドア越しにゲロゲ〜ロ。も、もうダメ・・・ワタクシ死にそうざます・・・。と、ふと横の父を見ると地図をガン見しつつ「この道で合っとるのかどこ走っとるのかワカランぞ!」と癇癪を起こしている最中。ゲロって少し気分が良くなったワタクシ、道路の標識を見たりして予想を付けたところでは本来行くべき国道156号線をはずれて400何号線だか200何号線だかの辺りを来ているらしい。ねえ、お父さん、間違ってるよ(冷や汗)。いやもう冷や汗やら痛みによる苦しみの脂汗やらでじっとりしてて、もう白川郷どころの騒ぎではなくなったワタクシ「もう帰ろうよ・・・」。二つ返事で「よしっ帰るぞっ」と同意の父、元きた道を帰ることに。
ああ、白川郷・・・さようなら・・・(涙)
そして家に帰ったらワタクシも〜〜〜〜気持ち悪くてお医者さんへ直行しました。父がお医者さんの玄関口まで車で送ってくれたものの、歩くのもふらふらであまりのワタクシのゾンビのような様相に中から看護師さんが「だっ大丈夫ですか?!」と車いすを出してきてくださって、そのままベッドで点滴500ml一本

pics370
更に血液検査にお腹の透析と心電図を撮っていただき、さて先生のお診たてはと言えば「アンタ、これは食中毒だよ。そのせいでパニック症候群起こしてるからまず落ち着いて」と。いや、先生、食中毒って朝いつも食べてるシリアル食べただけですよ?車酔いだと思うんだけど(だっていつもと同じ症状だし)。なんて言っても先生聞く耳持たず、結局パニック症候群の烙印押されてその手の薬を頂いて帰途に着きました。いやもうその後は即効で寝ましたがね。
そしたら今朝いきなり父がまだ6時だってのにガラッと引き戸をあけて起こしやがりましてね「おい、もう大丈夫か」って聞くわけですよ。ちょっと〜そう思ったらそっと寝させといてくれよ(怒)。
翌日も来るようにとお医者さんから言われてましたので朝イチで来院、駆けつけ点滴一本(ナトリウム系)していただきまして、よ〜しこれでもう大丈夫だな!と思ってたら「あの〜先生がもう一本って」と看護師さんが。え、まだするんですか!仕方がないのでブドウ糖やらが入ってる500mlのをもう一本やっていただき、終了後には更に心電図まで撮っちゃって、朝から思いっきりフルコースやっていただくというね。これで昨日の晩から点滴1.5Lガッツリ注入していただきました。実際のところワタクシこれは熱中症の一種何じゃないかと思うんですが違うでしょうか。先生は相変わらず食中毒以外にないッッッと断言していらっしゃいますが。は〜未だにまだお腹が時々チク〜と痛くなって苦しいワタクシでございます。
悲しいので行きそびれたユネスコ世界遺産白川郷合掌村のイメージでも貼っておきます・・・シクシク(泣)

307

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+1Share on LinkedIn0Share on Facebook3Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。