Café de la Presse

ママ友さんとランチ。あまりにおしゃべり好きなワタクシ達、ついにこのランチ会をおしゃべりしよう会と名づけて定番化する目論見です。今回ランチしたのはCafé de la Presse
ここんちはアメリカンスタイルの美味しいカフェを出すということでなかなかの人気だそうだ。最初はPlace SablonにあるCafé du Sablonがベルギーのインテリ系TVガイドTélémoustiqueに紹介されていてあら良さ気かしらと思ってググってみたら、このCafé du SablonはCafé de la Presseの2号店であった。おおそうかそんならやっぱり手始めには本店から攻めるのが本筋ではないかということでCafé de la Presseの方にした次第です。
ここのシステムはカウンターでオーダーするタイプ。お食事系もテイクアウトOKの軽食がメインでサラダやサンドイッチも棚に並んでるのを選んでカウンターで精算するのである。そしてお値段もとっても良心的。そういうカジュアルなお店ゆえ、勿論予約は不可。なのに激混み!(というのは後ほど分かるのであった)到着したのは12時半、お昼時なのでランチをする人、テイクアウトする人でカウンターの前にはちょいと行列が。ま、でも真剣な混み具合でもないので棚から気に入ったサラダを選んでとりあえず並ぶ。
カウンターにはアメリカ〜ンなスイーツがずらりと


スイーツ苦手なワタクシですが、これを見るとう〜ん食べてみたい・・・と思えてしまう。
こちらは噂のカフェ焙煎機(であろうか・・・)


いつもはお茶をオーダーするワタクシですがせっかく美味しいというカフェを前にオーダーしないわけには行かないでしょうよとカプチーノをオーダー。
ここでママ友さんとスイーツどうしようかとゴニョゴニョと相談。悩んだ末ま、時間たっぷりあるし(既に居座る構え)あとでまた飲み物と一緒に頼めばいいわよね♪と後回しに。しかし、これがトンデモナイ過ちだったとあとで気づく我々なのである・・・。
さて、トレイに載せてもらったオーダーを携えて席を確保。
ワタクシのチョイスはシリアルとツナのサラダとカプチーノ


さすがアメリカンスタイルだけにカプチーノも飲みごたえありそうなカップです。おとなりのサラダですが、テイクアウトも出来るようになっているのでこんなプラスチック容器に入っております。ま、フツーに美味しいという感じですが、中に入ってたブラッドオレンジがなにげに合ってないような気がしたワタクシ。同じものをオーダーしたママ友さんもそう感じたらしく「これ、ちょっと合ってないわよね〜。私だったらレーズン系入れるわね〜」と。ワタクシもそうよねドライサルタナとか入れたいわよね!と激しく同意。ええ、確かに柑橘系の組み合わせはちょっと残念。
ふと周りを見回すとフリーWiFiのせいかやたらパソコンを前にお仕事中の方々が多い。この方たちは恐らく自由業系。この辺りはオフィスも多いのでビジネスマン的な人たちも結構いてなにやらミーティングっぽいことをしている雰囲気のテーブルもあったり。


アンティークとモダンな家具が混在しててなかなか良い感じ。この明る〜い雰囲気はNYのカフェをイメージしてるんだろうか。
店内は広々としていて座れなくて困っちゃうってことはなさそう。道に面した窓側にはまったりと落ち着けそうなソファがあったりで本気で長居するにはこっちのほうが良さそうだけど、いかんせんそういう席は先客が陣取ってて座れないのだ。
例によっておしゃべりに花が咲き、食べ物も既に完食。ふと時間を見れば2時半を回ったところ。そろそろデザート行っとく?とママ友さんと話しつつ入口の方を見てみれば、なんと2時半過ぎてるってのにお昼時より更にすごい長蛇の列が!まさにドアからはみ出す人もいる勢いの人気ぶりに驚いて「ねえねえもうちょっと後にする?」と尻込みしたワタクシ達、しばらく待っても一向に人が減る気配なし。でも店内にはあまり入ってきている様子はないところを見るとどうやら遅めのランチをテイクアウトでさくっと済ませたい人たちで賑わっている模様です。そうか、この辺りで働いてる人たちのランチタイムは普通のお昼どきじゃなく2時過ぎたあたりから始まるわけだ。そうは言ってもおしゃべりなワタクシ達、暇潰すのには全くノープロブレム。3時になったところでもうそろそろいいんじゃないのと見てみたら、列は短くなる気配なし。お店のお姉さんに「あの〜デザート頂きたいんですけどここでオーダーするのはダメなの?」と聞いてみたらカウンターでオーダーするのがコンセプトなのでダメですとあっさりお断り。仕方ない並ぶか、とママ友さんが並んでくれてやっとゲットしたスイーツとお代わりのドリンク。
ママ友さんは初心貫徹、チーズケーキ


このチーズケーキはベイクドタイプ。ベルギーではなかなか見かけないザ・アメリカ〜ンなチーズケーキです。味見させてもらったら甘さが抑えてあってワタクシ的には非常によろしいんだが、甘党の方にはちょっと物足りないかも。
ワタクシはこういうカジュアル系でははずさないのよキャロットケーキ


アメリカンだけにでっかいです。でもスライスなのでアイシングの量が少ないのがワタクシ好み♪スパイスとバニラがあるというので勿論スパイスで。こちらも甘さ控えめでよろしい。欲を言えばもうちょっとモッチリ感が欲しいところでしょうか。やっぱりRose Bakeryのキャロットケーキを超えるのには出会えないですね。
ドリンクのお代わりはこれ


チャイ。スパイス効いてて美味しかった。
カフェにはカフェアートがしてなかったのに、このチャイにはカフェアートが。あ、でもこれはカフェじゃないからなんだろう、チャイアート(笑)?ま、深くは考えないということで。
いや、それにしてもここんちの混み具合には驚きました。ま、それもこれもカウンターで精算するのに人が足りない&作業がノロいってのがそもそもの問題なんじゃないだろうか。レジはちゃんと2つあるんだからフル稼働したらもっと早くさばけると思うんだけど、ここはブリュッセル。マイペースなのである。
4時近くになったのでおっとマズいお子達のお迎えが、とそそくさとお店を後にしたワタクシ達。またしてもしゃべくりまくりました(延々3時間半)。
振り返ればまだまだ賑わってたCafé de la Presse


なかなか気に入ったので次はSablonの方も試してみようかな。

Café de la Presse
493, avenue Louise 1050 Bruxelles
tel: 02 644 48 03

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。