CINÉMATEK

Flageyに先立つこと更に数ヶ月前のある日、BOZARにある本家Cinématekにも行っております我が家。こちらで観たのはディズニーの名作ジャングル・ブック。懐かしいな〜。
France3の週末朝のアニメで今どき風にCGアニメになっちゃってるジャングルブックは観たことがあるけどオリジナルのは観たことがないSean。ちょうどいい機会だからと早速ネットで予約しました。入場料は大人4ユーロ、子供2ユーロ。(ネットで予約すると手数料で0.50ユーロプラス)Flageyだと入場料が倍近くする上にネット予約手数料は1ユーロ。それを考えるとかなりのお得感。
このCinématek、開館時間が曜日ごとに決まってて日曜日は14:30からしか開かなくて、上映時間が15:00だったから予約しておいて正解。(でも当日は上映時間20分前でも切符もぎりのお兄さんは来てなかったけど・おいおい)
さてCinématek到着。


何気にレッドカーペット(笑)。こじんまりした入口ですが、ネオンがモダンアートっぽくて素敵。ちなみに隣にはBOZAR併設のレストランがあります。ここ、一度行きたいなぁと思ってるんだけどお肉系に強いシェフだけにそこんとこがネックでまだトライしてません。ま、いつか。
中に入るとこんな風にトトロやらメリーポピンズと記念撮影できたり


昔の映写機(かな?)なんかがあったり


これはMutoscopeというもの。コインを入れて手前にあるハンドルをぐるぐる回して覗く仕組み。
今はもうコイン入れなくても勝手にグルグル回して観れますが。こんな風に・・・


必死で回しております子どもたち


いや〜雁首揃えて超真剣でぐるぐるしてて見てると面白いな〜(笑)。Seanが観てたのはボクシングだったそうだ。
他にも色々子供に昔の映画を知ってもらうためのコーナーが色々


これはぐるぐる回すと(ぐるぐる多いですね)絵が動くというお馴染のヤツ。
小部屋にはショウケースの中にあるオブジェをボタンを押して動かす仕掛けが・・・


ま、こんな風に映画だけでなくても楽しめるようになってます。他にもモニターで遊べるスペースがあってパパと一生懸命観てる子がいたり。子供はすぐ退屈しちゃうから待ってる間の暇つぶしには最適。
じゃ、映画の方へ移動しようか。
上映室はここ。いくつかある上映室のうちの一つでここはSalle Ledouxという名前が付いてます。


小さそうだな、と思ったら中は結構傾斜がつけてあってそこそこの人数を収容できるみたい。でも満席。これは事前の予約は必須かと・・・。
ご覧のとおりモダンでそこそこ広い館内


キミ、嬉しそうだね♪
ジャングルブックはフランス語ではLe livre de la jungleというんですが、今回はV.O.(オリジナルバージョン)で、フランス語とフラマン語の字幕。これがですね、二ヶ国語だけに字幕が流れるのが当然のことながら2倍速。まぁ、10歳以下の子供には字幕について行くのは難しいし、その前にまだ読めなかったりするのでこれはほぼ意味なし。でもストーリーが分かりやすいので英語版でも全く問題なかったみたいです。お約束の子どもたちの落ち着きの無さは目をつぶるとして、エンターテイメント的にはこのCinématekは非常に優秀かと。勿論大人向けの企画も力が入っていて充実しております。何よりも入場料が安い!でもって良質な映画が見られるとあってはシネフィルには外せないアドレスではないかと・・・。

Cinématek (BOZAR)
9, rue Baron Horta 1000 Bruxelles
tel: 02 551 19 19

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。