LUKA

先日のブリュッセルのガイドブックIn The Mood For…Bruxellesを紹介したところ執筆者ご本人からこのブログだけでなくFBやInstagramにまでコメントがあったりしてちょっとビックリしたりうれしかったり。自分の本のタイトルがどこで話題になってるかいつも注意してるんだね〜。エライエライ(っていうかまあこれは出版したら普通のことかもしれぬ・・・)。
さて、今回はこのガイドを執筆した彼女も恐らくチェック済みであろうFlageyエリアにあるLUKAをご紹介(彼女のガイドは去年2月頃に発売されたためこのLUKAは去年末頃のopenらしいので載ってないですが)。
今年初め頃にここの情報を目にして以来ず〜っと行きたいな〜と思っておりましたが、遂に先月ダンサーのTさんと遅まきながらの新年会でランチをして参りました。
場所はplace Frageyから坂を登ったchaussée d’Ixellesで、この前にJasmineさんとランチをしてガッカリだったHortense Chapitre2からすぐ近く。このFlagey界隈にはこのところSaint Gillesに負けじと良さ気なレストラン、と言うより朝から夕方までopenのcantine – おしゃれな食堂系のお店が増えてきております。でもって、そういうレストランはベジ系が多いというのもワタクシにとってはポイント高し。
坂道をてくてく登っていくと


あったあった。
小ぢんまりしてると思いきや、奥行きのあるうなぎの寝床タイプの店内なのであった。
そしてなぜか中庭にブッダが


オーナーは仏教徒なのであろうか・・・。
カウンターにはスイーツが


キャロットケーキやスコーンが並んでおります。いいね〜こういう素朴系のスイーツがメインって。
さて、ここのLUKAという名前の由来はサービス担当のポルトガル系のパパLuisとその娘でシェフを務めるKamalaの名前の頭を取ってLu-Kaということだそうだ。ママらしき女性もフロアを行ったり来たりしてたので家族経営のようで、アットホームな感じがほっこりします。
メニューはこちら


(ボケててスミマセンね・汗)
ここは朝は8時から夕方5時までノンストップで営業していて、朝食・ランチ・ティータイムと基本のプライスが載っておりますが詳しい本日のラインナップはこちらの黒板でチェック


これを見る限りではこの日はどうやらチキンを使いたい日だった模様(あちこちにpouletの文字が)。
でもワタクシはベジなので一番上にあるベジプレートで


いや、これが美味しかったの。
何がオイシイって左にあるカリフラワーのフライ。ミントのドレッシングのようなものがかかっててフライなんだけどサッパリ。そして奥にあるダル(インドのレンズ豆)のガレットがまたワタクシ好みのエスニック風味で、レンズ豆でちゃんとガレットになってるのにも感心。このプレートはほぼ100%ベジ(ポーチドエッグがあるんでね)ですが、ベジじゃなくても美味しくいただけると思いますよ。
ミータリアンのTさんは本日のオススメ、タイ風チキン


カシューナッツと野菜たっぷり。
美味しかったので二人共勿論完食。
量も程よい感じでお腹にまだ余裕があるワタクシたち、カウンターに並んだスイーツを見てこれは食べずには帰れまいということでオイシイと幾つかのブログに書いてあったキャロットケーキをシェア


クコの実が乗ってるのはちょっと新しい。
キャロットケーキラヴァーのワタクシ、興味津々でいただきました。一見してワタクシの天敵アイシングが上だけじゃなくサンドにもなってるのでこれは甘くて難しいんじゃないかと思いきや、意外と甘さ控えめ、クコの実がいいアクセントになってスパイスもナッツもイイ感じでワタクシ好みのキャロットケーキでございました。うん、いいね、コレ。
アットホームな雰囲気とオイシイご飯で12時から3時近くまで延々おしゃべりして居座っちゃいましたが放置プレーで居心地良し。オーダーを聞きに来てくれるパパも終始ニコニコでそれはもう感じが良くて◎。また来たいお店が一つ増えました♪

LUKA
260, chaussée d’Ixelles 1050 Bruxelles
tel: 02 646 75 47

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

こちらもヨロシク♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook3Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。