Rob

ちょっと特別な食材が欲しい、なんて言う時にお出かけしたいグルメスーパー。そんな時、ブリュッセルではRobへ。
RobはParisにLa Grande EpicerieあればブリュッセルにRobあり、なんて言っても過言ではないであろう高級食材のスーパーで、ブリュッセルに住む駐在員やリッチ族の御用達ショップなのである。私たちはCarrefourでも十分満足なので滅多に足を踏み入れないんだけど、時々ああ、Robに行きたいわぁ〜と思ったりはするんですね。この日は美味しいフロマージュを求めてもうかれこれ数年来の来店で多少改装したらしいので期待を込めていざ。
ちなみにこのRobはCarrefourに買収されたので言ってみればCarrefourの高級版みたいなもの、ですね。以前来たときはお客さん達のきちんと度があまりにすんばらしくてここにお買い物に来るにはスーツと一張羅で来ないといけないというドレスコードでもあるんだろうかと思ったものだけど、今回行ってみたらアラ皆さん割とラフな出で立ちで。たまにスーツ着てる男性とか見かけるなと思ったら実はスタッフ(上の方の人達でしょうね)だったという・・・。さて店内はと言えば


きれいに商品が並んでおりますわね。
Bordierのバターなんて全種類てんこ盛り。(Parisよりも品ぞろえが良いと思う。もしかしたら若干安いかも)


この棚全部バターでした。いやだわ〜迷っちゃう〜・・・なんてことはベジの私にはなく(笑)前にParisで買って思いっきり不評だった海藻入りBordierのリベンジをすべくdemi selのBordierをゲット。1.70ユーロはお買い得。
このはるか先にあるのがフロマージュのカウンター。


このフロマージュのカウンターがすばらしかった。さすがに外国人客が多いだけにフランスに始まり、イタリア、イギリス、スペイン(これはちょっと珍しいのでポイント高し)、オランダ、勿論ベルギーなどなどありとあらゆるチーズが勢ぞろいでそこらのチーズ屋さんより格段にチョイスの幅があって目移りして困ってしまった。ここで3種類ほどゲット。思ったより高くないみたい。
私には無縁のお肉系のカウンターもこの通り。


さすが肉食系の国だけあってここが一番人気のようで沢山人が列をなしておりました。
condiment(オイルやヴィネガーなど)の棚は結構真剣に見ちゃいました。特にPaulはガン見。


トンデモナイ種類のオリーブオイルやらがあって皆さんどうやって選ぶんだろうかと要らぬ心配をしてしまうほど。
それほど写真を撮ってないのは、スタッフの数があまりに多すぎて写真をバシバシ撮ったりしたら怒られそうな雰囲気があったのでちょっと遠慮してしまったため。(ぶれちゃってるし・汗)その位スタッフが店内に待機していました。
それにしてもここの白人率はすごかった。有色人種は唯一日本人ぐらいで後はもうほぼ白い人ばかり。これだけ白人率高いと他の人種の方々は入りづらいんじゃ・・・。さすが日本人はこういうグルメものに貪欲だけあってこういう雰囲気など全く気にしない感じなんだろうか。
私たちは結局チーズ3種に白バルサミコにピカリリ(イギリスのインド風ピクルス)そしてBordierバターをゲットして〆て27.39ユーロ。チーン。ま、高級ですから。でも想像してたより安く上がったのでまた美味しいフロマージュが食べたい時はちょいと足を延ばして行ってみようかな、と思っております。

Rob
28, boulevard de la Woluwe 1150 Bruxelles
tel: 02 771 20 60

ランキングに参加しています!
是非こちらを↓ポチッと応援お願いします♪

Related Post

share... Share on Google+0Share on LinkedIn0Share on Facebook0Email this to someoneTweet about this on TwitterPin on Pinterest0

Comments:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。